Archives

Links :

有名なベータグルカンが効果的?

有名な商品ほど良い商品であったのは、遠い昔の話。 確かに新聞雑誌などのマスメディアや、インターネットなどの発達していない過去には、悪い商品は話題にもならずに消え入るだけで、 本当に良い商品しか人々の口コミには載らなかった。

しかし、現代は事情が異なる。 マーケティングという言葉が台頭して以降は、 良い商品だけでなく低レベルの商品までもが、大量の広告に支えられて「有名」になることができる時代なのだ。 インターネットでは、口コミでの高評価さえもマーケティングの一手法として、「お薦め」や「高評価」をお金を払って買うことができる。

お金を貰って「この商品は良い」「コレは素晴らしい」と褒めちぎった感想を、真に受けて踊らされるのは勘弁願いたいのは誰でも思うだろう。 ともすれば、本当に良い商品は、粗悪品の広告宣伝の濁流に押し流され、埋没する傾向するあるのだ。

「有名な商品」だから良いに違いないというのはあってはならない思考停止だと気付くべきだろう。 なぜその商品は有名なのか、派手な宣伝広告が大量に流れているだけなのではないかと、疑うことも時には必要だということ。 モノの本質は本当に価値のある内容なのかを見極めることが、 価値のある商品を購入する秘訣と言えよう。