Archives

Links :

健康食品の研究論文の背景

大学の教授先生の健康食品研究に関する背景を紐解いてみよう。

まず、健康食品を研究している学部に目を向けると医学部や薬学部で研究されていることは皆無だ。医学部が協力していることはあっても、臨床試験する患者の斡旋以上の手は貸さない。薬学部は新しい物質の発見研究を主眼としているために、健康食品の研究をすることは殆ど無い。医学部、薬学部の現役研究者にとっては、 薬品会社との新薬開発が主務であり、全く新しい成分の発見と実証が唯一の自己実現の場である。

健康食品やサプリメントに含まれている既知の成分には、医学部薬学部の現役研究者の知的好奇心や研究意欲を掻き立てる発見は少ない。 成分が解明されている食品を研究対象したところで、既に海草ならフコイダン、キノコならベータグルカンetcと成分が特定されている以上は、新たなる発見が無いことが最大の原因だろう。

しかし、特定の産品の拡販や、食品加工法の普及を目的としている研究者は、アプローチが少々異なる。 食品科学や農学部 系の研究者は、効率はどうである自身の関与する産品から得られた成分を非常に重要視する傾向が強い。 他のとの比較では量や効率、純度やコストが劣っていても、何らかの成分が得られることで、その産品はその地方一押しの特産品、優秀な健康食品にまで飛躍するのが常だ。 黒酵母ベータグルカンが非効率にも関らず農学部の研究されているのはこのような背景がある。また、珍しいキノコの多くが生活科学や食品栄養学関係の学部での研究報告が多いのも同様の事情からだ。

海外で評価の高いパン酵母ベータグルカンに関する研究は日本国内では少ない、 既に海外の多くの研究機関でその高い成果が得られているからだ。 しかもパン酵母ベータグルカンの研究に携わるのは、医学部、薬学部に研究者よる研究論文が多いのが特徴的だ。