Archives

Links :

ベータグルカンと大学教授

大学教授や研究者の紹介記事も明確に薬事法違反の典型例として規定されている。 「○○大学の△△名誉教授の研究によると、××に□□の予防や治療の効果があることが解った」という新聞記事は地方産品の拡販を目的として定期的に発行される一方で、健康食品の広告としてもよく見かける紹介文だ。

地方産品のキノコや農産物にまつわる研究の多くは、地元大学への委託研究で行われる。 地方振興と地元の町興しへの協力の意味も含めて、微笑ましい程に小規模な実験で、「効果・効能」が報告されるのが殆どだ。 その「効果」の大小が既存の薬品や健康食品・サプリメントと比較されることは無い。第一にはそのような予算が無いのだが、比較するほどの確固たるデータ量には不十分な実証規模であるのがその理由だ。 加工段階で不要な処理をしたり、添加物を加えたりしなければ、殆どの食品食材の素材は、野菜、果物、キノコ、海草、肉、魚を問わず、健康に寄与する。酒、ワインでさえも。

全ての食材は健康を維持する病気を回復するための成分を何がしか含んでいることは間違いない。しかし、健康を利する成分と同時に健康には負担になる成分も含まれることが多いのだ。問題はプラス要素とマイナス要素のバランスを考慮する必要があるが、 実践的には多くの食材を満遍なく食することで、それは実現が可能なのである。偏食しなければ良いのだ。 その意味において、地方産品や、珍しい新種食材が少なからぬ「効果・効能」を付して紹介されるのは、我々消費者にとって食品の多様性を確保することになり、普段は食べない食品を食する機会や意識を与えられるという点で、大いに有意義だと言える。

一方で、健康食品に溢れる「研究」は眉唾な提灯記事が多いのが残念な風潮だ。

消費者は大学教授という肩書きを信用する、いや信用したいために、彼らの意見を重用しがちだ。しかし、悪質な販売業者にとってはこの心理は最も利用し易い。消費者は大学教授という肩書き以上の学者としての研究履歴は知り得ないし、追求もしない。 知ったところで、その価値の大小は殆ど評価できないだろう。ただ、有名な大学の、しかも教授という肩書きだけで、偉い?人が推奨しているのだから、優れた製品に違いないと信用する。(信用したい!)このような思考過程だけで、商品の信頼性は簡単に実態以上に高まるのだ。ここが販売業者の狙い。