Archives

Links :

抗がん効果・作用のある食品とは

今更とさえ思われるような時期に、キノコから抽出したエキスや、成分が、がんに「効果的」だというニュースが時折に発信される。その多くは、地方大学の食品学や農学部が、地元の特産品や名産品に関する研究成果を地元紙が、産業振興として記事配信しているニュースだ。

稀に抗がん剤新薬の開発につながる重大なニュースもあるものの、ほとんどが地方産品の宣伝広告の域を出ない内容だ。

それぞれの産品に「抗がん効果がある」とするものの、他の食品や既存の健康食品との比較検証は省略される。実態としては、キノコ関連の研究報告の殆どに当てはまるのは、ベータグルカン(βグルカン)の効能で説明が可能であり、事前予測が可能な抗がん効果と言える。抗がん効果が有るのはあるのだろうが、比較的少ない物産品に関するニュースも散見されるのだ。 多くは、世界最先端のパン酵母ベータグルカンに含まれるベータグルカンと数値的に比較してしまった場合には、比べ物にならない品質だ。

美味しい食事としての地方産品、郷土料理の栄養価が高いことは、歓迎すべきことであり、それ自体も大変に有用な情報だ。しかし、それらの嗜好品と健康増進や病気治療に取り組むための健康食品やサプリメントの品質や効率は全く別の次元であることを憶えておきたい。

全ての食品は、何がしかの栄養素を含んでおり、それらは全て健康に役立つ何かの効果作用を持っている。 着目すべきは、何らかの病気に対する効果を食品に求めるならば、不足していたり、増量が必要な栄養素をよく検討し、その栄養素を効率的に摂取する必要がある。

そうすることで初めて病気に対抗する特定の栄養素を効率的に摂取することが可能となるのだ。

[an error occurred while processing this directive]

フコイダンを摂るためにモズクを食べるにはバケツが必要であり、ベータグルカンをキノコから食するには山盛りでも足りないだろう。

サプリメントや健康食品は、凝縮された特定の栄養素を簡単に効率的に大量摂取できることが最大の利点だと言える。