Archives

Links :

ベータグルカンの臨床試験

ベータグルカン(βグルカン)の免疫活性化作用や抗がん作用は、常識の域に達しつつあるが、ベータグルカンを有効成分、薬効成分として治験をクリアした医薬品はまだ無い。

今後もベータグルカンだけを主成分とするような抗がん剤は、大規模な治験・臨床試験は実施されず、薬事法の承認を得ることも無いだろう。これは、既にベータグルカンの存在や機能性が既知であり、大金を掛けてまで治験を行う動機が製薬会社には無いからだ。 もちろん医学部、薬学部も実施することは無いだろう。

ベータグルカンが、様々な病気に対して、時にはがんに対してさえも、奇跡的な効果を発揮することは、歴史的にも、経験的にも世界中の多くの人が既に知っている。

それぐらい、当たり前に存在し、機能性も知れ渡っているのがベータグルカンの効能を、大金を費やしてまで確認した企業、組織は無いのだ。それほどに、誰もが知っているベータグルカンの効能は、一般化されていると言えるだろう。

保険薬承認を取得できるレベルの臨床試験は、相当な規模の治験が必要で、その実施には莫大な費用と時間が必要不可欠となる。製薬会社がその巨額の費用を負担するのは、その新薬が独自開発された新規の物質ゆえに、将来に上げられる巨額の利益を独占できるからだ。しかし、ベータグルカンに関しては、既に効能が周知であり、普及してしまっている。つまり治験費用を負担するだけの利益を誰も確保できないのだ。

近年に世界的に普及が進む高純度化されたベータグルカンの代表格である「パン酵母原料のベータグルカン」に関しては、米国で抗がん剤としての臨床試験が企図された時期もあったようだ。しかし、パン酵母抽出のベータグルカンは、現在のように高純度化されるまでの過程で多くの特許技術が交錯しており、多くの特許紛争が継続していることから、大規模な治験実施の見通しは薄い。

消費者としては、既に効果が明らかなベータグルカンが、少数の独占企業に牛耳られるのではなく、広く普及することで、質の良い商品が安く流通されることが望ましい。

[an error occurred while processing this directive]

そうすれば、一般的な競争原理が働くことで、品質が向上しつつ、価格は安定するに違いない。しかしながら、もしもベータグルカンが治験を経て、抗がん剤として承認されても高い薬価によって企業は儲かるが、患者の負担は高いままかもしれない。

そうであれば、自己責任で良質のベータグルカンのサプリメントを選べる方が良いという、制度矛盾に苦しむところである。