Archives

Links :

最適なベータグルカンの摂取量

ベータグルカン(βグルカン)は単純には、多く食べた方が効果が出る可能性は高まる。食べたベータグルカンの全てが体内に吸収できるわけではなく、小腸でマクロファージに捕食されたベータグルカン分子だけが体内へ吸収されるからだ。

マクロファージに吸収されるベータグルカン分子が多いほど、ベータグルカンの効果効能は多く期待できることは間違い無い。そのために、なるべく不純物の少ないベータグルカンを、なるべく多く食することは本質的には不可欠なことなのだ。

ここで、問題なのは不純物の多い=効率が悪い商品ほど、大量に食べないとベータグルカンが摂取できないという矛盾だろう。昔ながらのきのこを原料とした健康食品は大量に摂取しなければ効果が発揮されないのは、ベータグルカンの含有量が少ないことに加えて、不純物がベータグルカンの吸収を阻害している2重の非効率が原因なのだ。そのために、ハナビラタケやチャーガに代表される「きのこベータグルカン」は大量摂取(強化食、増強食?)しなければ、微小量のベータグルカンさえも吸収できないのだ。悪質な業者が大量購入を薦める理由は彼らの利益の最大化だが、大量購入しなければ効果も望めない品質にこそ問題がある。

ベータグルカンを大量吸収するための最善策は、「純度の高い商品の購入」に尽きる。ベータグルカンの純度が高ければ、不純物による吸収阻害も起き難いために、少量の摂取でも体内へ吸収することができるからだ。

今のところ最大効率でベータグルカンを摂取できる高純度品は「パン酵母」から抽出した商品が最善だろう。60%~85%にも精製してベータグルカンの純度が高められており、不純物は殆ど除去されている。

これほどまでに高純度化された製品であれば、少量でも充分な量のベータグルカンを摂取でき、吸収量も最大化できるだろう。

最近は「パン酵母」のベータグルカンも低価格化か進行しているが、高純度品でさえも販売店によっては大量購入、大量摂取を強く薦めてくることが多いようだ。しかし、本当に高純度ベータグルカンであれば、少量の摂取で充分な効果効能が得られるはずであり、矛盾が有る。不必要に大量購入を勧める販売店には用心が必要だ。

少量摂取でも充分な効果が期待できる製品を選ぶことが、ベータグルカンだけでなく健康食品選びには不可欠なことなのだ。