Archives

Links :

ベータグルカンとは

ベータグルカンとは、健康食品の成分の名前だ。

ベータグルカン(βグルカン)が入っている健康食品は、がんの治療に用いられることが多いが、その他にも糖尿病や高血圧、メタボリック治療にも効果を発揮する。古くはアガリクス、2000年代ではハナビラタケ、パン酵母の健康食品に含まれていることで有名だ。ベータグルカンが免疫細胞を活性化することで、全身の病巣への免疫攻撃を促し、また抗酸化作用によって活性酸素による悪い活動を抑制する。

ベータグルカンの最大の特徴は、高い効果と副作用が無いことだろう。 ベータグルカンはがん細胞へ直接に作用する成分ではなく、また 正常細胞に対しては全く悪影響が無い。これはベータグルカンが直接に作用するのではなく、動物が生来に備えている免疫機能を介して、間接的に病気を改善する作用があるからだ。免疫機能はすべての動物が体内に生まれた時から持っているために、副作用の恐れが全くないのだ。ベータグルカンは、この免疫機能を活性化する作用を持っており、同様の作用を有するとされる健康食品の成分の中でも、極めて高い効果が期待できる成分なのだ。

ベータグルカンは、伝統的な発酵食品を通じて、無意識の内に食されることが多かったが、今や特別に意識しなければ食することが極めて困難になってしまった栄養素だ。だから、栄養や健康に意識の高い人々の多くが、ベータグルカンのサプリメントを利用している。

ベータグルカンという成分が、組成分子や構造まで把握されたのは、2000年目前だった。つまり、ベータグルカンという成分と知らないままに病気治療に利用してきたケースが多かった。その最たるものが漢方薬に多い「きのこ」を煎じて飲む薬だろう。これらの薬が数千年来も継続的に利用されてきた背景にはその効果があるわけだが、効果の源泉はベータグルカンという成分だったと判明したわけだ。

[an error occurred while processing this directive]

2000年と前後して、ベータグルカンという成分が特定されたことで、きのこの健康食品だけでなく、酵母から抽出されたベータグルカン健康食品も次々と脚光を浴びている。

そして、ベータグルカンという成分に特化した製品群の登場によって、ついには非常に高純度のベータグルカン健康食品が一般に市販されるようになってきた。質の良いベータグルカンを効率良く、大量に食することが可能なった結果、一般人でも購入が可能となり、病院でのがん治療に併用することが、常識化しつつある。